いつ頃の話でしたか、夜中に高熱におそわ

いつ頃の話でしたか、夜中に高熱におそわれて、40℃ほどまで上がって調子が悪かったので、次の日に病院に行きました。
先生はインフルエンザの検査が可能ですよと確認なさいました。私も、残念ながら、インフルエンザだったら、それにあったお薬を頂けるので、チェックしたいと願いました。
乳酸菌がお腹や体の健康に良いのは誰でも理解できます。しかし、乳酸菌は胃酸にやられるので、せっかく食べても胃酸で死んじゃって効果が出ないのではというふうに期待していない人もいます。実は乳酸菌が生きているかどうかは重要なことではなく摂取するだけで腸内の免疫機能向上に貢献して、体の健康維持のために繋がっていくのです。内臓の調子をしっかり整えておくと肌が美しくなると聞いて、ヨーグルトをたっぷり食べていた私ですが、実際、ヨーグルト同様に味噌や納豆なども乳酸菌を含む乳製品からとるんだと勘違いしていました。何となくちょっと恥ずかしい思いです。ここ最近ですが、アトピー性皮膚炎の治療法で使われる薬剤は、年ごとに高い効き目となってきていますよね。
もちろん、必ず医師の指示の下で適正に使用するということが重要です。
もし、違う治療や薬剤を試したい時には、医師、薬剤師の意見を聞くか、担当の医師以外の医師に意見を求めるといいでしょう。
自分本位の判断は好ましくありません。赤ん坊がインフルエンザをうつされたら、きわめて大変なことに陥ります。
まだ体力が備わっていない赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に体が耐えられるかが不安ですし、インフルエンザで天国にいくことも考えられるでしょう。
ですから、インフルエンザが広がっている時には、絶対に外出させない方が打倒かもしれません。
子供がアトピーだとわかったのは、まだ2歳のときでした。膝の裏がかゆいと動作で訴えていたので、対策として、皮膚科でステロイドを処方されました。そうしてステロイドを2年と少し続けて、気をつけつつ子供の具合をみていましたが、かゆみや皮膚の赤みが収まってはまた発生してと繰り返し、一向に具合が良くなってくれません。そのため、保湿剤から漢方薬に治療法を変え、食事の見直しも行ったら、小学生になる頃には、症状はすっかり落ち着きました。